読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ABC座2016 株式会社応援屋!!における音楽の強さ

A.B.C-Zの舞台「ABC座2016 株式会社応援屋!!~OH&YEAH!!~」のDVD・ブルーレイが発売されましたね。公演時には1回しか入れなくてとても悔しい思いをした舞台なので待ちに待ったものでした。1回しか入らなかったのですが、劇中の曲が強かった。脳内で曲を再生したら舞台を思い出せるし、舞台を思い浮かべたら音楽が脳内で再生できるぐらい印象的な曲が多かった。特に「One More Kiss」「Delicious」、ショータイムの「Fantastic Ride」


「One More Kiss」西寺郷太さんが少年隊のためにつくっており、A.B.C-Zに託してくれた曲。曲として新しいというより古い感じなんですよね。古いっていうのはどこかで聞いたことがある、馴染みあるという意味なのですが。頭の中に染み渡るんですよね。1度聞いただけで圧倒される曲。こういうのが曲の強さなんだろうなと感じました。新しい(聞いたことがない)曲が必ずしも強いわけではなく、心をグッと掴む曲が強さなのかなと。何度も聞かなくてもワンフレーズで心を持っていかれる時があった。「One More Kiss」は第二幕の初めに披露されるのですが、初っ端から気持ちを持っていかれてしまう。曲が終われば、物語が始まっているのですが、気持ちが追いつかない。脳内で『One More Kiss』のフレーズが繰り返される。


「Delicious」は五関くんの見どころでもあるのですが、殺陣をしながら歌って踊る。2.5次元舞台ですかといいたくなるシチュエーション。五関くんの長めの前髪が顔にかかりながら『Deliciousな愛』と繰り返されるフレーズ、センターにいる五関くん。映像として残って本当に良かったと。

 

フレーズの極めつけはショータイムの「Fantastic Ride」『So fantastic!』。「Shower gate」のリズムで『So fantastic』が流れて、最後の『So fantastic!』と五関くんのウインクで「Fantastic Ride」に切り替わるのが気持ち良い。これを聞いた後は『So fantastic!』が頭を離れないです。中毒になっちゃう。「Fantastic Ride」ではっしーと五関くんが背中合わせで歌うことに加えて、五関くんが楽しんで歌って踊っている姿が見れます。

 

2015年が個人的には初見のABC座だったのですが、2016年は舞台として音楽もパワーアップした作品でした。物語も2015年は駆け足だったかなと思いますが、今回は色んな登場人物にスポットがあたっているので楽しめます。特に五関くん。音楽は西寺郷太さんが係わったことでだいぶ強くなっていてA.B.C-Zの良さを引き出してくれていました。A.B.C-Zの伸びやかな声を存分に楽しめます。映像化したのでぜひ見て欲しいです。